2013年1月31日、古河AS本社にて 「ワイヤーハーネス技能オリンピック大会」 が開催されました。第8回となる今大会は、7カ国・14工場・競技参加者56名 の方々に参加して頂きました。

 技能オリンピックは、ワイヤーハーネス製造にかかせない基本的な作業を競技としています。コンセプトは 「綺麗に・速く・正確に」 であり、それぞれの項目に関して評価をします。

 競技者は各工場予選の優勝者、すなわち、「綺麗に・速く・正確に」 の スペシャリスト達です。各工場を代表し、出場される方同士の競い合いは、互いに切磋琢磨して、技能の向上、モチベーションのアップになります。過去の出場者もそうですが、競技参加者が各工場に戻り、技能の伝道師として、また、教育訓練の先生として活躍しています。このワイヤーハーネス技能オリンピックを通して、会社全体、また、グループ全体の品質向上に繋げています。

 今大会もコンセプト通り、「綺麗に・速く・正確に」 の、3拍子を兼ね備えた競技者がメダルを獲得する結果となり、さらに品質に対する意識を持って頂く事ができた大会になりました。

テーピング競技

taping.jpg

圧着競技

crimping.jpg

表彰式

awarding.jpg

集合写真

GroupPhoto.jpg