古河AS株式会社

古河電気工業株式会社グループ

社長挨拶

Message

阿部茂信

本年11月1日、古河AS株式会社は設立70周年を迎えることとなりました。
当社は、1950年11月1日に近江電線株式会社として創業し、2007年に古河ASに社名変更して現在に至りますが、一貫して自動車用ワイヤーハーネスおよび電装機能部品を主力製品として、海外12か国24拠点に於いて生産、供給を行ってきました。そして現在では、古河電工グループの一員として連結ベースで約42,000人の従業員を抱えるグローバル企業として活躍させていただいております。これはひとえに、お客様、お取引先様、ご関係の皆様が長きにわたり共に歩み、支えてくださったご指導ご支援の賜物であり、心から厚く御礼申し上げる次第です。

現在自動車分野は、「100年に一度」と言われる大変革期を迎えております。古河ASとして「安全・安心」の機能をお客様に提供していくために、「軽量化」、「エネルギーマネジメント」、「安全システム」の事業分野に注力しておりますが、設立70周年のこの大切な節目を今後の更なる飛躍に向けた新たな第一歩として踏みしめて行く覚悟です。古河電工グループの素材技術や当社独自の活発なチームワークによる提案力で、「モノ売り」から「コト売り」に注力し、モビリティー分野でさらに社会に貢献できるよう、従来にも増して挑戦し続けます。是非これからも古河AS式会社に変わらぬご愛顧とご鞭撻を賜りますようお願いして、私からのご挨拶とさせていただきます。

2020年11月吉日代表取締役社長 阿部茂信