古川AS株式会社

古河電気工業株式会社グループ

研究・開発・設計

Research & Development

今後ますます多様化・高度化していくことが予想される次世代自動車。
古河ASがこれまで築き上げてきた車載技術と古河電工の”コア技術”が、オリジナリティあふれる製品群として結実します。

ダイヤグラム

進化 〜次世代の自動車に向けて〜

豊かで持続可能な社会の実現にとって、自動車の安全性や快適性の向上とともに、環境保護や走行時のエネルギー消費の低減やCO2排出量の削減も、非常に重要な課題です。 古河ASは、「軽量化」「エネルギーマネジメント」「安全」をキーワードに、研究開発を行い、製品や生産技術の進化や新製品の創出を行っています。

スピード設計・開発 〜各種シミュレーション技術〜

製品開発段階で解析技術を用いることで、問題点の早期発見が可能です。製品開発の全てのプロセスを網羅するシミュレーション技術を構築し、試作レスでのスピード設計、スピード開発を実現します。 例えば、車両のドアの開閉回数による電線の断線寿命予測、熱解析によるジャンクションボックス等の温度上昇予測、その他、振動解析、各種荷重・強度解析等を行います。ワイヤーハーネス製造工程でのモノ造り検討や、お客様の工場での車輌組付性の検討を試作品なしに、バーチャルで検討できる古河デジタルアッセンブリシステムを用いて工程の設計期間を短縮しています。

研究発表会

研究発表会

古河電工と古河ASで滋賀地区の研究発表会を共催しています。製品分野毎の事業戦略の報告、関連する研究テーマの成果を発表し、活発な議論が行われます。事業と研究開発の方向性を整合させることで次世代、次々世代の魅力ある新製品の創出につなげます。