古河AS株式会社

古河電気工業株式会社グループ

安全

Safety

古河ASでは、会社組織の活性化と従業員が個々の能力を充分に発揮できるように、安全で働きやすい職場環境づくりに取り組んでいます。

労働衛生安全への取り組み

古河ASでは下記の基本方針に基づき、職場の安全や従業員の健康管理への取り組みを行なっております。

基本方針
  1. 1. 『人間尊重』『安全第一』に徹した施策の展開
  2. 2. 働く人に安全・快適な職場環境の実現
  3. 3. 心身の健康保持、増進による疾病ゼロの追求
  4. 4. 安全行動を徹底できる人財の育成

安全活動

労働安全衛生マネジメントシステムの一環として、「リスクアセスメント」や「KYT(危険予知トレーニング)活動」「ヒヤリ・ハット事例提出」などを通して、職場の労働災害のリスクを低減する活動を行っています。

安全衛生委員会の開催

社内の各事業場に安全衛生委員会や分会を組織、「ゼロ災害、ゼロ疾病」の職場づくりを目指し、「安全パトロール」などの活動を行なっています。

防災教育、防災訓練

社内消防組織を対象にしたAED講習、救護講習や放水訓練の実施。従業員全員参加での避難訓練や消火訓練などを定期に実施しています。

従業員緊急連絡カードの配布

災害時の被害を最小限におさえるため、全従業員に火災、地震時の行動基準を記載した「従業員緊急連絡カード」を配布し、常時所持するようにしています。

健康診断

従業員の健康状態を確認するため、定期健康診断、生活習慣病健診、海外派遣者の健康診断、特殊健康診断などを行なっています。

健康相談

産業医や保健師により、健康診断後の保健指導、長時間勤務の健康相談、メンタルヘルスに関する相談などを随時行っています。

健康教育

健康に関する知識習得や健康づくりを実践するきっかけづくりのために、禁煙支援教室や食生活改善教室を開催しています。また、毎月、“健康推進ニュース”を発行し、従業員の健康管理に対する意識を高めています。

外部健康相談窓口の設置

社外の保険機関と契約し、従業員やその家族を対象にした病気やケガの電話相談や専門医の紹介を受ける「セカンドオピニオンサービス」などが利用できます。さらに電話・面談によるメンタルヘルスのカウンセリングが受けられる「メンタルヘルスサポートサービス」などもあります。

「ご安全に!」あいさつの浸透活動

「ご安全に!」あいさつの浸透活動

お互いの安全を思いやるあいさつとして「ご安全に!」というあいさつの浸透活動に努めています。世界各国の言葉に翻訳し、共有のあいさつとして使用しています。

安全道場

安全道場

安全人間育成を目的とし、安全道場を設置しています。労働災害の統計や、感電・挟まれ体験機など、学びと危険体感双方から、安全への意識を醸成しています。

グローバル安全衛生発表会

グローバル安全衛生発表会

各社の垣根を越えて、良い取り組み事例の共有、横展開を目的として実施しています。
発表内容は、聴講者の職場に持ち帰られ、グループ全体で取り組み推進できる環境を整えています。