2月9日、古河AS本社にて 「第7回ワイヤーハーネス技能オリンピック大会」 を開催しました。

 

ワイヤーハーネス技能オリンピックは、「綺麗に、速く、正確に」を大会コンセプトとし、製造に欠かせない基本的な作業の4項目を競技として開催しています。7回目となる今大会は、7カ国・13工場・競技者60名の方々に参加して頂き、過去最大の大会となりました。コンセプト通り「 綺麗に、速く、正確に」の、3拍子を兼ね備えた選手がメダリストとなりました。

info_img07.jpg info_img08.jpg

info_img09.jpg info_img10.jpg

出場選手は、予選を勝ち抜いた各工場の代表者であり、工場代表のプライドを掛けた、白熱した大会となりました。