2015年6月11日 古河AS本社にて「ワイヤーハーネス技能オリンピック大会」が開催されました。

 

2006年より毎年開催されており、今回が第10回大会。

今年は日本を含め8ヵ国の15生産拠点から45名が参加しました。

 

今大会のコンセプトは「基礎力・応用力を競い合う」とし、

競技の詳細を大会当日に発表することで

基礎力に裏付けられたその場での応用力(対応力)を競い合いました。

 

 

FASが大切にしていきたいDNAと未来に向けてありたい姿をまとめた

“FAS WAY”では、よりよい「ものづくり」には「ひとづくり」が重要と考え、

“FAS WAY”の基本要素である

 

・お客様第一

・チャレンジ

・改善

・チームワーク

・人財育成

 

を全社員で実践しています。

 

 

この技能オリンピックは、

 

①切磋琢磨した技能を披露する場

②品質向上を検証する場

③海外工場とのコミュニケーションの場

 

として、今後も毎年開催することで「ひとづくり」につなげていきます。

 

 

技能オリンピック事務局

 

■競技中の様子

前工程競技の風景.jpg

後工程競技の風景.jpg

 

■表彰式の様子

前工程表彰式風景2.jpg

後工程表彰式風景1.jpg

 

■集合写真

集合写真.jpg