2013年(平成25年)5月21日

 当社は、ワイヤーハーネスの生産体制を増強するため、2012年10月に操業を開始した、フィリピン・バタンガス州の FURUKAWA AUTOMOTIVE SYSTEMS LIMA PHILIPPINES INC. (以下:FALP) に新工場を建設します。新工場は、約20,000㎡の建屋を建設し、2014年1月に操業を開始します。

■新工場概要

 FALPは、既存工場に隣接する土地に新工場を建設します。2014年1月には操業を開始し、ワイヤーハーネスの増産体制を構築します。2015年までには、既存工場も含め、売上高は現在の2倍の約120億円を見込みます。なお、FALPにおける2015年までの総投資額累計は約50億円です。また、人員についても2014年末までに約5,000人体制とする予定です。

 フィリピン生産拠点の増強は、今後増加が見込める日本顧客向けワイヤーハーネスの生産が主目的で、中国等の賃金高騰や労働争議などの生産リスクを回避する為の重要な受け皿拠点としても位置付けています。

■新工場概要

投資金額:2015年までに 約25億円 (建物、設備など)

生産品目:自動車用ワイヤーハーネス

工場稼働:2014年1月予定

工場面積:敷地 約70,000㎡ 建物 約20,000㎡

■FALP会社概要

社名:FURUKAWA AUTOMOTIVE SYSTEMS LIMA PHILIPPINES INC.

住所:フィリピン共和国 バタンガス州 リパ市 (LIMA TECHNOLOGY CENTER)

社長:喜多 啓二

設立:2012年1月16日(フィリピン共和国 証券取引委員会承認日)

従業員数:約1,000 人 (2013年3月末時点)

面積:敷地 約 120,000㎡ 建屋 約43,000㎡

出資者:古河AS株式会社 100%

お問い合せ先

古河AS(株)事業戦略室 阿部・西村 TEL:03-3286-3355

古河電気工業(株)IR・広報ユニット TEL:03-3286-3049