CSR・環境活動

環境への取り組み

自動車の低公害化、省資源化対策など、21世紀に不可欠な環境保全への取り組みを行なっています。

イラスト:環境への取り組み

環境に配慮した製品の開発

CO2削減

軽量化

1台の車に使われるワイヤーハーネスの重量は約20~50kgに達します。燃費の向上や電気自動車の走行距離を伸ばす為には、車両の軽量化が必須の課題であり、ワイヤーハーネスも例外ではありません。

■関連項目
ゼロ・エミッション

電気自動車、ハイブリッドカーで使われる高電圧装置のワイヤーハーネスを開発し、普及に貢献しています。

■関連項目

省資源

車内通信の多重化により使用する電線やコネクタ、関連部品の削減や小型化を実現しています。

■関連項目
  • スマートコネクタ
  • 光通信システム
  • 車内のIT利便性を向上させるために、従来より普及している光ファイバ技術と 培ってきたワイヤーハーネス技術を融合し、10年、20年使え る信頼性の高い光 通信技術を提案します。

製品の放熱性を改善し製品の小型化に貢献しています。

■関連項目

バッテリーの充電、放電の管理をするセンサーを開発し、自動車バッテリーの小型化に貢献しています。

■関連項目

環境負荷物質低減

鉛フリーの電線や端子、ハロゲンフリーの絶縁材料開発を行いました。また、材料調達、製造工程においてもRoHS指令6物質、SOC4物質の排除を遵守しています。

リサイクル

ワイヤーハーネス製造の過程ででてくる電線屑は銅線部分とコンパウンド部分に分別し、リサイクルしています。また、ワイヤーハーネスの組立を行うASSY板は木に穴をあけ治具をとりつけて使用しますが、車種により治具のとりつける位置が変わります。車種変更などにより新たにASSY板を作成する際に、治具の位置を変更することにより、ASSY板に使用している木材を有効に活用しています。

エコ通勤

当社ではエコ通勤を推進しています。自動車で通勤する従業員が多いですが、公共交通機関や自転車などでの通勤を行う取り組みを行っています。