ものづくり

研究・開発・設計

素材力と技術革新力を結集し豊かな未来を創造します。

今後ますます多様化・高度化していくことが予想されるカーエレクトロニクス。古河ASがこれまで築き上げてきたワイヤリング技術と古河電工の”素材力”が、オリジナリティあふれる製品群として結実します。

イラスト:研究・開発・設計 ステアリング・ロール・コネクタ 電子制御ユニット バッテリ状態検知センサ 周辺監視レーダ 光通信コネクタ・ケーブル EV/HEV用ハーネス アルミワイヤーハーネス スライドドアハーネス

スピード設計・開発 ~各種シミュレーション技術~

製品開発段階で解析技術を用いることで、問題点の早期発見が可能です。製品開発の全てのプロセスを網羅するシミュレーション技術を構築し、試作レスでのスピード設計、スピード開発を実現します。例えば、車両のドアの開閉回数による電線の断線寿命予測、熱解析によるジャンクションボックス等の温度上昇予測、その他、振動解析、各種荷重・強度解析等を行います。ワイヤーハーネス製造工程でのモノ造り検討や、お客様の工場での車輌組付性の検討を試作品なしに、バーチャルで検討できる古河デジタルアッセンブリシステムを用いて工程の設計期間を短縮しています。

進化 ~次世代のカーエレクトロニクスの進化に応じる~

豊かで持続可能な社会の実現にとって、自動車の安全性や快適性の向上とともに、環境保護や走行時のエネルギー消費の低減やCO2排出量の削減も、非常に重要な課題です。そういった中、古河ASは、「軽量化」「電力マネジメント・熱マネジメント」「安全・快適」をキーワードに、研究開発を行い、製品や生産技術の進化や新製品の創出を行っています。

燃費の向上や自動運転時代の電源信頼性にむけて「お客様が欲している技術」として電源マネジメントシステムの開発を行っています。バッテリ状態検知センサのノウハウをベースとして、その強みを生かしながら、古河電工グループとして、要素技術からアプリケーションまで様々な知見を有している方々と議論しながら開発しており、お客様に喜んでいただける製品の完成を目指しています。

技術企画部 樋口淳人

研究発表会

イメージ:研究発表会

古河ASの主な最新技術を社内に公開し、情報の共有化や技術開発への奨励を行っています。また、古河電工の研究所へ委託している研究の進捗・成果と今後の進め方について、古河電工と古河ASが活発な議論を行い、情報を共有することで、製品につながる研究開発を行なっています。