会社情報

沿革

1946年 滋賀県犬上郡豊郷村大字八目において、古河電気工業株式会社の協力工場として発足。綿巻線・バインド線・綿絶縁線を製造。
1950年 近江電線株式会社に改組設立。
1958年 ポリエチレン電線を量産化。
1960年 古河電気工業株式会社と自動車用組電線(ワイヤーハーネス)の技術提携を行い、量産開始。
1961年 古河電気工業株式会社が資本参加。
1962年 豊郷町高野瀬の敷地1万7,000m²に工場の一部を移転。1967年6月には全工場の移転完了。
1967年 古河電気工業株式会社傘下の三和ハーネス株式会社を吸収合併。
1968年 本社を豊郷町高野瀬(現豊郷工場)に移転。
1977年 滋賀県愛知郡愛荘町に1万6,000m²の敷地を求め、伸線から切断端子取付工程までの一貫工場を新設。彦根ハーネス株式会社設立。
1985年 滋賀工場設立(現本社)[敷地3万6,000m²]。
1987年 古河電気工業株式会社、米国UTA社との合弁で、米国UTF社(現 AFI社)を設立。
1988年 香港LTK社(現FAPH社)にて中国生産開始。
1993年 マレーシアPERMINTEX社と技術提携。滋賀工場(現本社)に部品物流センター開設。
1995年 韓国東海電装(現THN社)と技術提携。彦根ハーネス株式会社を当社豊郷工場内に移転。
1996年 本社を現在地に移転、ベトナムにOEV社(現FAPV社) 開設。
1999年 ベトナムFAPV電線工場、第二工場開設。
2000年 古河オートモーティブパーツ株式会社に社名変更。ISO9002:1994認証の取得。
2001年 古河電気工業株式会社と共同で、チェコ FACE社を設立。
2002年 古河電気工業株式会社およびマレーシアPERMINTEX INDUSTRIES社と共同で、インドネシアFPAI社を設立。ISO14001:1996認証の取得。
2003年 ISO9001:2000認証の取得
2004年 四国電線株式会社の株式を取得。
2005年 中国。東莞FAPD、香港FAPH、深センFESZを設立。
2007年 中国天津TJHE社,タイFAST社,インドMFE社でワイヤハーネスの生産開始。古河電気工業株式会社より自動車電装部品事業を承継し、古河AS株式会社に社名を変更。
2008年 ベトナムにFASV社設立。TS16949認証を取得。
2009年 山口工場を設立。
2010年 フィリピンにFASP設立。
2011年 四国電線の株式を譲渡。
2012年 三菱電線工業より車載用コネクタ事業を買収。フィリピンにFALP社設立。タイにFAKT設立。
2013年 メキシコにFASM、FAAM設立。中国にFASC、FASW設立。
2014年 ドイツにFASE設立。ブラジルにFASB設立。タイにFAAP設立。